愛知県津島市にある「らく塾」。子供の「できた!」がたくさん聞こえる塾。

3つのカリキュラム

  • HOME »
  • 3つのカリキュラム

らく塾で行っていく人間力の3つのカリキュラム

1、創造性を高める「楽探」

2020 年以降から「探求」という科目が学校でできる可能性があります。それは国が創造性を重視し、社会で必要と判断したからです!らく塾では、「楽探」という最新の脳科学と心理学を使った「探求学習」を通して創造性を磨いていきます。
どのような手順で行うかというと、

1.探求→発明!をした偉人について授業を行う
(これを行うことによって“探求すげー!”というイメージと好奇心を脳にのこしていく。ここで僕もできたらいいなと感じるところがポイント)

2.探求をしていくテーマをみんなで決めていく。
「自分の好きなもの」
「恐竜」
「宇宙」etc.

3.プレゼン方法を伝える!
・パワポ・B 紙・演劇
この 3 つのプレゼン方法を伝えます。そしてこのプレゼン方法にのっとって自分の伝え
たいことをまとめていきます。

4.レッツ楽探!
テーマから決めた自分の調べたいことをタブレット・本から探し、まとめていく。
グループで行ったり個人で行ったりする。ここで、自分の好奇心のままに調べていきかたちにしていくことによって勝手に創造性がついていきます。「~に旅行に行きたい!めっちゃワクワクする!」というだけで皆さんはすでに旅行に行っているときのことを想像しませんか?人は好奇心がわいたときにすでにイメージしているのです。
そしてそれを形にしていくことによって“創造性”に変わっていくのです。

5.発表!
調べたことをみんなの前で発表!伝えるときにどうしたら相手により伝えることができるかという事も伝えておく。この流れを通して、ただ創造性が身につくだけではなく「プレゼン力」「協調性」も身に着けることができる。この楽探をしていく過程で今後、人間に必要とされる能力が凝縮されています。

2、自立心を高める「楽習」

「自分でできた!」という体験が生まれるまで私たちは、ヒントを出したり調べ方を教えます。
学校の 5 教科というよりは「IQ テスト」「百マス計算」など子供たちの知能レベルを上げながら「思考力」を自ら成長させていく勉強です。

そして、「経済から学ぶ数学」「読み書きゲーム」などを通して集団授業を行っていきます。
こちらは日常生活をからめることによって子どもたちが興味をもちながら自然と算数を身に着けていきます。
例えば、

「1 杯 800 円のラーメン屋さんを繁盛させるためにはどうしたらいいか?」

という事です。
これをやる事によって算数の枠をこえて経理や経営も学べてしまうということなんです。
などなど、子供たちが無理にやる学習ではなくテーマは「楽しく!楽に!」学習が自然とできているという流れを作っていきます。

脳は「楽しい!」と感じるだけで長期記憶にはいり学習速度が上がっていきます。
このように学ぶことが楽しい!と感じ自ら考えられる子供になっていくために行われているのが「楽習」です。

3、情報処理能力を高める「楽読」

楽読とは、楽しく身に着けることができる速読になっています。

このスピード社会で、いかに速く情報を処理しアウトプットできるかがポイントになってきます。
そして、いろいろな情報が飛び交いすぎて何があっているのかよくわからない・・・
というような状態に大人もなっていませんか?

そんななかで、より自分に合っている、より正確な情報をキャッチしていく“感性”も高めていきます。
15 歳を過ぎてしまうとこの能力は伸びにくくなってしまうのでお早めに。
(※こちらは別コースになっています)

これらの 3 つの要素を育てることによって子どもたちは 「自分らしく輝いた状態!」にさらになっていく。

つくだけではなく「プレゼン力」「協調性」も身に着けることができる。

この楽探をしていく過程で今後、人間に必要とされる能力が凝縮されています。

お気軽にお問い合わせください 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ] TEL 0567-74-0960 繋がらない場合は携帯まで090-6337-1287

PAGETOP
Copyright © らく塾 All Rights Reserved.