中学生のお子さんを持つ親御さんからの相談です。

 

『うちの子将来何になりたいとか将来どんな職業に就きたいとか

夢がないのですがどうしたらいいですか???』

 

この質問についてお答えしていきます。

 

この質問をよく考えてみてください。

 

自分の中学1年生の頃です。

 

例えば私が中学生の頃は、

 

『〇〇になりたい!』

 

と思っていたかというと、

 

全く思っていない!!!

 

です。

 

何になりたいとか一切なかったです。

 

サッカー選手になりたいと思ってはいましたが、

 

『ぶっちゃけ自分には夢のまた夢かな~』

 

と思っていました。

 

サッカー選手になりたいというと、

 

親からは

 

『無理でしょ』

 

と言われていたので、

 

『自分は無理なんだなぁ』

 

と自暴自棄になっていた時期でした。

 

周りの子を見ると、

 

一応なりたい職業は書いてはいるけども、

それが本当にやりたいかというと、

 

そうではない人ばかりだったなぁ

と思います。

 

それに対しては、

今も変わらないんじゃないかなと思います。

 

まず周りを見渡してみてください。

 

比較をする必要はないですが、

 

『夢がない』

『将来やりたいことが決まっていない』

 

このような子たちがまだ多いです。

 

でも、

 

『子供たちの役に立ちたい』

『子供たちが何かやりたいことを見つけると

さらに今の人生楽しくなるんじゃないかな!』

 

ということで、

お手伝いしたいお父さんお母さんの

気持ちはわかります。

 

その中で何をするのがいいかというと、

 

いろいろなことに触れさせる!!!

 

です!

 

子供たちが、

 

『夢がない』

『やりたいことがない』

 

このような状態になっている時は、

 

『目が輝き夜も眠れなくなるような

ワクワクすることに出会っていない』

『選択肢がない』

 

というような状態の子供たちが、

特に多いです。

 

なので、

今の子供たちの中でとても多いのが

 

『ユーチューバーになりたい!』

 

なのです。

 

これは何かというと、

 

ユーチューバーはとても楽しそうだし

好きなことを仕事にしている

 

そして子供たちが身近に見れる存在。

 

一番身近で楽しそうだから

 

なりたい職業ランキングトップで、

出てくるわけなんです。

 

ただその世界だけで、

終わっている可能性があります。

 

これが怖いポイントです。

 

なので、

 

『そもそもの選択肢がない』

『自分のワクワクするものに出会っていない』

 

という可能性が多いので、

 

テレビとかではなく、

一番良いのは、

 

いろいろなとこに出かけて

 

働いている姿をみたり

海外に行ってみたり

 

いろいろなものがこの世界中にあるので、

 

とりあえずいろいろなものに触れさせる。

 

子供が少しでも興味がわくというものに

 

触れさせてあげることがポイントです。

 

そうすることで、

 

子供たちの好奇心が生まれ

 

ワクワク感が育ち

 

自分のやりたいことが

 

具体的ではなく抽象的にでも見つかっていく。

 

このような可能性が出てくるので

 

ぜひぜひ試してみてください。

 

以上、

 

【子供が夢を見つけるために大人がサポートできること パート1】

 

についてお伝えしました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima