反抗期についてお伝えしていきます。

 

やっぱり学習塾の先生をやっていると、

 

お母さんお父さんたちから

 

『うちの子反抗期で全然いうことを聞いてくれないんですよ!』

『どうしたらいいですかね?』

 

という質問をよくいただきます。

 

反抗期ってそもそも何なのか?

 

反抗期に対しての対処法について

お伝えしていきます。

 

反抗期とはなにものかというと…

 

自我の芽生え!!!

 

です!

 

『自分はこうだ!』

 

という主張をしたいがために

 

反抗期という形でおとずれています。

 

ではなぜ子供たちは自我の芽生えを

 

表現してしまうタイミングがあるかというと

 

強い口調、荒々しい口調でしてくるので、

 

親の方もムカついたりすると思います。

 

どのようなタイミングで反抗をするかというと、

 

一概ではないですが、

 

親が

 

『〇〇しなさい!』

 

というふうにコントロールしている時に、

 

子供たちは、

 

『うるさい!!!』

 

と反抗してきている可能性があります。

 

 

なので、

親はコントロールを手放す!!!

必要があります。

 

親子で言い合っている時に、

 

『あなたはこうしなさい!』

 

という

親の主張の方があっているほうが

高いかもしれないです。

 

ただ、

『ああしなさいこうしなさい』

 

というのが、

 

合っている合っていないに関わらず

 

子供たちは、

 

『押し付けられたな』

『コントロールされたな』

 

というふうに感じ取ってしまいます。

 

なので、

 

『命令に従いたくない!』

『自分はこうなんだ!』

 

と主張したいがために、

 

『うるせえーーー!!!』

 

というようなことを言いたがります。

 

なので、

 

もしかすると、

 

反抗がでているという時は、

 

親のほうがコントロールしようとしたり、

 

押しつけのような言葉を使ってしまっている

 

可能性があります。

 

なので、

 

そのような言葉を使っている自覚ある場合や、

 

ちょっと工夫する必要があるかなと

 

感じる方は、

 

子供たちに、

 

『選択!!!』

 

をさせてあげてください!

 

これがとても重要なポイントになっています。

 

子供たちが選択をするということが、

できるコミュニケーションだと、

 

自分で選ぶということなので、

押し付けられている感覚は、

 

なしです!

 

なので、

自分で選択して突き進む!

 

そんな子供にも育っていくので、

 

反抗期で会話にならないです

 

という場合は、

 

子供たちに選択肢を与えてあげてください。

 

以上、

 

【反抗期について知っておきたいこと パート2】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima