『部活動と勉強の両立は、
どのようにしていったらいいですか?』

という質問に引き続き
お答えしていきます。

今回パート2で
お伝えするのは何かというと…

スモールステップを踏め!!!

です!

小さいことでいいから始めろ!

ということです。

『部活動と勉強をどのようにしたらできますか?』

というふうに言っている親の

子供は男女どっちが多いかというと

男子のほうが確率が高いです。

なぜかというと

男性脳の性質上

並行処理をするのが苦手です。

出来るのですがしにくい脳に
なっています。

特に同時に頑張ることに
男子は抵抗感がでやすい

ということを
大人たちは知っておいてあげるのが

とても大事なんじゃないかなと思います。

私も高校生のとき
大学受験をするというときに

ずっと部活しかやらずに
部活が終わったら

勉強を毎日12時間ぐらいやり始めたときは、
親がすごく驚いていました。

『そんなにやらなくてもいいんだよ』

と言われたほどです。

ただ部活動だけを
頑張らせておけばいいのかというと

私はノーの意見です。

両立をして何かを頑張るということを

やったほうがいいな
というふうに思います。

それはなぜかというと

大人になった時に必ず

仕事と家庭の両立が
テーマとしてでてきます。

なので、

両立をするということが

まず将来役に立つ!

ということを
子供たちに伝えてあげてください。

これだけでは

『今関係ないし・・・』

『その時やればいいじゃん!』

ということがでてきます。

両立ができないという子は、

ハードルが高い子がすごく多いです。

特に男子は、

目標値を高く設定しすぎる
傾向にあります。

家で勉強するとなったら

『1時間30分やらなくちゃいけない』

『そうしないと達成感を得ることができない』

と思っている子供たちがたくさんいます。

親も高い目標を設定しがちです。

家で全然勉強をせず
両立が出来ていない子であれば、

まずスモールステップです。

小さい階段を踏ませてあげてください。

なので最初は

『単語を5個覚える』
『10分は計算問題に向き合う』

など小さいステップでオッケーです。

それができたらお祝いしましょう。

親が一緒にお祝いしてもいいです。

まずできることはなんだろうか

という小さいステップを
一緒にお子さんと作り上げることを
やってみてください。

もし子供で観ている子がいたら、

まずはスモールステップを踏め!
いけるから!

その積み重ねで

必ず両立というのができるようになります。

基礎の勉強力がつくようになります。

そうすることによって、

必ず諦めかけていた学校でも
受かることができます。

今まずできる
ファーストステップを踏んでいきましょう。

以上

【勉強と部活動を両立するには? パート2】

についてお伝えしました。

ありがとうございました。

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima