10年後には〇〇%の仕事が無くなると

何%が無くなると思いますか?

 

なんと!

50%の仕事が無くなるんです!!

 

これは、AI(人工知能)の発達が大きな理由です。

 

そうなったときに人間にしかできない能力を

開発することが必要だと思いませんか?

 

今回

10年後に必要とされる人間になるために必要な能力は〇〇だ!

パート2!をお伝えします。

 

ところで、どんな能力が必要でしょうか?

 

それは…

 

創造力!!!

 

です!

 

何かをイメージしたり

今はこういうことが必要なんだ!

 

という直観能力がとても大切になってきます。

 

これはAIにはできないからです。

 

いまタブレットでの学習が流行っていますよね?

 

そのタブレットにも実は得意不得意があります。

得意なのは数学です。

 

なぜなら最後に出る答えが決まっているからです。

 

また、逆に苦手なものは国語です。

人間の感情や言葉の微妙な言い回しを理解するのは苦手なんです。

 

「今、目の前の人はなにをかんがえているだろう?」

「いまこういうことが大切なんだ」

「日本がこうなったらうれしいなー」

など、正しい答えが決まっていないことは人間にしかできません。

 

では創造力を鍛えるには

どうすればいいでしょうか?

 

それは好奇心がわく何かを

行うということです。

 

今の子供たちは

宿題や勉強など決められたことを

やるという環境が多いです。

 

そうではなく、

子ども自身が興味がある

なにかをやってみるということをお勧めします。

 

あなたのお子さんは何に

好奇心がわくでしょうか?

 

それは実験かもしれませんし

昆虫や料理かもしれません。

 

そのようなものに

没頭するからこそ子どもは

自然に創造力を働かせます。

「どうしたらうまくなるか?」

「こうすると、面白くなるんじゃない?

自然とイメージしているんです。

 

そして大人ができることは、

お子さんに

なにかに没頭することが出来る環境を整えてあげる

ことかもしれません。

 

そうすることで、

あなたのお子さんが大人になった時

社会で大活躍しているかもしれません。

 

以上、

 

【AIは○○○がない。でも子どもには、、、ある!】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima