子供がいい目的意識をもってくれたら

嬉しいですよね?

 

ただアドバイスをしたとしても

 

子供たちは自己肯定感が低く

 

いい目的意識を持つまでいかない。

 

という悩みについてお答えしてきました。

 

前回までを振り返ると、

 

マズローの五段階欲求

 

というのがありまして、

 

一番上の

 

自己実現の欲求

 

『こうなりたい!』

『ああなりたい!』

 

という自分の目的をもって

 

将来なりたい像をもつためには、

 

下から順番に欲求を満たしていかないと

 

自己実現の欲求というのは生まれない。

 

という仕組みになっています。

 

なので、

 

土台を築いていくことが、

重要なポイントになっています。

 

前回お伝えした

 

安全の欲求の上はなにかというと…

 

社会的欲求!!!

 

になっています!

 

社会的欲求はなにかというと…

 

家族、チームなどの

グループに所属してる感覚が

 

あるかないか

 

という欲求になっています。

 

例えば、

 

昔あったのが、

 

『うちの子全然お手伝いとかしてくれないんですよ…』

『こっちから言っても全然やらないんですよ…』

 

ということがありました。

 

私はそのお母さんに、

 

『家族の中の役割を持たせてあげたらどうですか?』

 

というアドバイスをしました。

 

最初はやらないこともあるかもしれませんが、

 

『この役割はあなたなんだよ』

 

という役割をもたせて実際にやっていました。

 

それをやることによって、

 

『自分の役割があって、家族の役に立っている!』

 

そして

 

『所属できている!!!』

 

という所属感を味わうことが

できるようになります。

 

そうすることによって、

 

その子は自分から

 

『これ僕がやろうか?』

 

と手伝うようになったそうです。

 

なので、

 

『自分がこのグループの中で

何か役割を持てているんだ』

 

と思えた時点で

 

幸福感がぐーーーっと高まります!!!

 

社会的欲求が満たされている!

 

という状態になっていきます。

 

人というのは、

 

社会的欲求があるので、

 

家族、友達、学校でのグループなどで、

 

『自分は所属していて役割があるんだ』

 

という欲求を満たしたい

 

ということがすごく高くなっています。

 

なので、

 

安全の欲求が満たされた

 

次に、

社会的欲求が満たされているか

 

チェックしてあげてください。

 

この所属感が満たされていないと、

 

次の欲求を満たす段階になっていないです。

 

さらに次の欲求は何かと言うと

 

次回、お伝えしていきます。

 

以上、

 

【子供たちがいい目的意識を持つために

大人ができること パート2】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima