これまで、

 

右脳を使っていったほうがいい

ということをお伝えして、

 

右脳の能力を開発していくために、

まずはとことんやりたいことをやらせることが大切

 

とお伝えしました。

 

そして今回は何かいうと…

 

大工仕事!!!

 

が大切になってきます!

 

『えっ!?』

 

と思われたかもしれませんが、

 

これも

アインシュタインの例にそって

 

お話していくと、

 

ピアノと大工仕事が大切

と言っていたのです。

 

大工仕事というのは、

一種の例になっています。

 

大工仕事というところから

何を分かってほしいかというと

 

何かを

 

組み立てる!!!

 

ということが

 

脳的に素晴らしい効果があります。

 

例えば、

椅子を作るのであれば

 

椅子を作るには

どのように組み立てていくといいか

 

どうしたら椅子ができるのか

 

というこのプロセスが

 

大工仕事にはすごく備わっています。

 

まずこのような椅子をつくりたいと

自分のイメージを作り、

 

ゴールを決めます。

 

そこから工作をしていく。

 

それがいろいろな発想力が生まれます。

 

右脳的なアプローチとして、

発想力を磨いていく。

 

発想していく中で、

トライ&エラーを繰り返していくことが

脳的にも素晴らしいことになっています。

 

『大工仕事をやらせるのが怖いな・・・』

 

という方に、

 

オススメなのは何かというと…

 

レゴ!!!

 

です!

 

レゴブロックはものすごく脳にいいです。

 

私自身もレゴランドにいって、

 

必死に積み立てていたのですが、

 

一切しゃべらなかったです。

 

隣にいた奥さんも家を組み立てて、

 

一切しゃべらずに集中していました。

 

何か作りたいというゴールがあり、

 

それに対して、

 

集中状態

ゾーン状態

 

をつくっていく。

 

そして発想力を広げながら、

 

自分のゴール。

さらにはそれ以上のものを作りだす。

 

というような

 

習慣作り

 

をレゴを通してすることができます。

 

大工仕事をやらせるのには怖い年代や

 

うちに機材がない

 

という場合には、

 

レゴブロックをぜひ行ってみて下さい。

 

大工仕事、レゴブロックを

 

なぜやるといいかというと、

 

右脳のイメージ力、発想力

 

トライ&エラーで自分のゴールへ向かっていく

 

というこの2点が鍛えられていきます。

 

この習慣を身に着けていくことによって、

 

大人になった時にも

 

会議でこうしたらいいんじゃないかと

 

提案ができたりします。

 

小さい頃から身に着けられていくので

 

ぜひ実践してみて下さい。

 

以上、

 

【子供のうちにやっておいた方がいいこと パート3】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima