子供たちが将来なりたいランキング

 

第1位は

 

ユーチューバー!!!

 

とここまでお伝えしてきました。

 

ユーチューバーときくと、

 

大人からすると

 

『それって職業って言えるのか』

 

『いやいやユーチューバーとか甘く見てるんじゃないよ』

 

というふうに

 

なぜ?というところがけっこう出てくると

 

思います。

 

ただ、ここにポイントがあるんじゃないかなと思います。

 

なぜ、子供たちがユーチューバーになりたいのか?

 

というところを分析して、

 

子供たちがやりたいことみつける方法というのを考えました。

 

今回のパート3は何かと言うと…

 

環境を整える!!!

 

です!

 

良くやってしまいがちなのが、

 

〇○をしたいとやり始めたとしても、

 

『そんなことをしてないで勉強しなさい』

 

『そんなことばっかりしてないで、お手伝いしなさい』

 

というふうに

 

子供たちを否定するということがでてきます。

 

このようなことが起こってくると、

 

よけいにそれがしたくなるという傾向があります。

 

子供に限らず脳の部分では、

 

~ではない、ダメ、~してはいけない

 

という否定語は理解ができない

 

というような脳の構造になっています。

 

なので、

 

『~はしないでね!』

 

と言われたら、

子供たちには、

 

『~してね!!!』

『~しなさい!!!』

 

というふうに言っているようなことと、

同じになっています。

 

なので、よけいに子供たちは、

 

『したい!!!!!』

 

というようなモードになっていきます。

 

なので、

 

『ユーチューバーなんか見ていないで勉強しなさい!』

 

『ゲームばっかりしてないで、〇〇しなさい!』

 

とばかり言っていると、

 

『ユーチューブを見る』

『ゲームをする』

 

それを

 

『しなさい!しなさい!しなさい!』

 

と子供たちに暗示をかけているのは、

 

親や学校の先生!

 

ということがあります。

 

衝撃的な事実ですね…

 

なので、私の言う環境を整えるというのは、

 

なにかというと、

 

否定はつかわない!!!

 

です!

 

否定語は使えば使うほど、

 

子供たちにそれがやりたい

 

という暗示になっています。

 

そこまで、

 

ユーチューブがみたい

 

ゲームがしたいと

 

思っていなくても

 

したい気持ちが勝手に湧き上がってきます。

 

それが子供たちが本当にやりたいことでは、

ないとしても、

 

あたかも自分にとって

 

最もやりたいことだ

 

という暗示になっている可能性があります。

 

なので、

 

子供たちが本当にやりたいこと。

 

これをやってて人生が充実していく!

 

ということを見つけるためには、

 

まず環境を整えてみて下さい。

 

その時に否定語は使わないです。

 

否定語は使わずに好きなことをとことんやらせてみる!

 

ということを行ってください。

 

その中で子供たちと約束を取り付けることも大切だと思いますが、

 

まず否定語を使わないことをやってみてください。

 

大事なのは環境を整えるです。

 

ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

以上、

 

子供たちがやりたいことを見つけるとっておきの方法 パート3

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima