子供たちが今なりたい職業ランキング

 

第1位は何かというと…

 

ユーチューバー!!!

 

ですよね。

 

けっこう有名な話じゃないかなと思います。

 

ただ、大人からすると

 

『いやいやっそんな簡単な職業じゃないから』

『アホなことしてないでさ~』

 

というふうに、

 

けっこう批判的な声が

多いんじゃないかなと思います。

 

ただ、

なぜ子供たちがユーチューバーに興味を持つのか?

 

なぜ子供たちがやりたいことがそこに向かうのか?

 

という部分を分析しながら

 

やりたいことをみつける方法

 

をお伝えしていきます。

 

今回のパート2は、

なにかというと、

 

とことんやらせてみる!!!

 

です!

 

ユーチューバーになりたい

 

と言っているのだったら

 

ユーチューバーにならせてあげて、

 

とことんやらせてあげて下さい。

 

例えば、

子供『ゲームをやりたいです!!!』

 

親 『いいよ!いいよ!一日中ゲームをしなさい』

 

とゲームをとことんやらせてあげてください。

 

子供『サッカーをめっちゃやりたいです!』

 

親 『よしっ!いいよ!』

 

とサッカーをとことんやらせてあげてください。

 

『もう飽きた…もうムリ…』

 

というまでというぐらいまで

 

まずやらせてあげてください。

 

それはなぜかというと、

 

『ちょっとやりたいな!』

 

という気持ちを

 

『やめといたほうがいいよ!』

『そんなムリしないでよ!』

 

というふうに、

圧力やストップをかけてしまうことによって、

 

逆にやりたくなる!!!!!

 

というような効果が待っています。

 

『やらないほうがいいよ!』

『ダメだよ!』

 

というような否定言語は、

 

脳は理解できない

 

仕組みになっています。

 

否定的な言葉や

圧力をかける言葉をかけると、

 

脳的に

 

『やりたい!!!!!』

『やらせて!!!!!』

 

という反発モードになってしまうような

脳の仕組みがあります。

 

なので、

そちらの方に意識がとられやすくなります。

 

なので、

止めるのではなく、

 

とことんやらせてみる!

 

というのがポイントになります。

 

とことんやらせてみる中で、

 

『おっ!全然この子飽きないな!』

『おっ!これに関しては才能があるな!』

 

というふうに

 

『この分野に関してはやるなぁ』

 

というポイントが必ずでてきます。

 

まず、

 

『やりたい!!!!!』

 

と言い出したことに関しては、

とめないでください。

 

とことんやらせてみてください。

 

その中で何か秀でるポイント。

全然飽きずに夢中にやり続ける

ことがでてきます。

 

アインシュタインは

 

ずっっっっっと理科系のことばかり考えていました。

 

なので、

他の成績はだいぶ下で、

 

『バカバカ!』

 

と扱われてきました。

 

ただお母さんは、

 

『科学のこの分野に関してものすごく興味を持っていてすごい

だからやめずにその個性を伸ばしなさい』

 

というふうに許してあげたのです。

 

その結果

ノーベル化学賞を受賞したアインシュタインが、

出来上がりました。

 

なので、

何がそれにつながるかわかりません。

 

学校の評価がいい!

 

 

自分のやりたいことを見つけて

その後充実した人生を歩んでいく!

 

と言うのは全く別になってきます。

 

なので、

まずとことんやらせてみる!

 

ということをやってみてください

 

以上で、

 

【子供たちがやりたいことを見つける

とっておきの方法 パート2】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima