前回は、

価値理解をお伝えしました。

 

その前のところで、

自然と子供たちがやる気をだすためには、

 

ポジティブ 5

ネガティブ 1

 

の割合で言葉がけをするために、

 

何を褒めたらいいかという方のために、

価値理解をしてあげるのがいいですよ!

 

ということをお伝えしました。

 

今回はその中のポジティブ5

 

の中の要素の2つ目についてお話していきます。

 

どうしたら子供たちが自然とよくなるのか

 

ポジティブな言葉をかけるといいんです!

 

その際にみなさんどのような言葉をかけましょう?

何が必要だと思いますか?

 

今回お伝えするのは、

 

自立性!!!

 

です!

 

自立性を子供たちに持たせてあげることが

 

ポジティブ5にあたいします!

 

『自立性って何???』

 

と思われた方はいらっしゃいますか?

 

子供たちに自分で決めさせてあげる!!!

 

ということが大切です!

 

私もついついやってしまいます。

 

『こうしたら絶対うまくいくじゃん!』

『ここをこうしたら成績あがるのにな!』

 

と思って、

 

ついつい子供たちをコントロールしようと

している時です。

 

この時に子供たちは、

 

『うんうん…わかった…』

 

というふうに聞きながらも、

 

案外やっていなかったり

全然それを取り入れようとしなかったり

 

ということがあります。

 

これはなぜでしょうか?

 

子供たちは

 

『自分で決めたい!!!』

 

という自立性を持っています。

 

これは子供だけでなく大人も、

人間だれしもが持っている要素です。

 

なので、

 

『コントロールされたくない!!!』

 

と思っている。

 

ということを

まず、認識してあげることが大切です。

 

なので、

 

許可をとること!

 

が大切です。

 

『もしかしたらこういうふうに

やったほうがいいかもね』

 

というふうに提案することは

 

もちろんOKです!

 

『こういうことをお母さんは考えていて、

こういうような方法を知っているんだけど、

○○はどう思うかな?』

 

というふうに提案して、

 

『いいと思う!!!』

 

と言ったら、

 

許可を取っているので、

 

『じゃあやってみる?』

 

『やってみる!!!』

 

というふうに、

 

子供たちに最終的に決めさせてあげる

ということが大切です!

 

もちろん

 

『それは違うと思う!!!』

『やりたくなーい!』

『そんな勉強できない!ムリ~!!!』

 

というふうに子供たちが断ることもあります。

 

これはこれでOKなんです。

 

その中で子供たちに決めさせてあげる!

 

コントロールしない!

 

ということがものすごく大切になってきます。

 

ポジティブ5で

自然とやる気をアップさせる

 

言葉がけの1つとして、

お伝えしていますが、

 

将来大人になった時にも、

ものすごく大切ですよね!

 

自立性を持って、

 

『今はこういうことをやった方がいいな』

『1つ1つの局面で自分で選択することができる』

 

このような大人になったら

周りから必要とされると思いませんか?

 

何か言われないとできない…

何も応用力が効かない…

 

このような大人になってしまうのは、

どうでしょうか?

 

自分の子供がそのような状態だったら、

将来周りから必要とされそうですか?

 

なので、将来のことを考えても、

 

自立性というのが、

ものすごく大切になってきます。

 

なので、

 

今、子供たちのやる気をアップさせるために!

将来社会から必要とされるために!

 

自立性を持たせた言葉がけを

行ってみて下さい!

 

以上で

【自然とやる気が上がるのに必要な要素は〇〇〇である!】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima