子供たちが自然とやる気を出すためには

どういった言葉がけをしたらいいか?

 

ということを伝えてきました。

 

この時に

 

ポジティブ5

ネガティブ1

 

の割合で伝えていくと、

 

子供たちは自然とやる気になるということでした。

 

ポジティブ5の中で、

4つの承認を意識した言葉がけをするといいよ

 

ということをお伝えしました。

 

4つの中の

 

1つ目は価値理解する!

2つ目は自立性を尊重する!

 

をお伝えしました。

 

3つ目はなにかというと…

 

ステータスをあげる!!!

 

です!

 

『ステータスって何?』

って思われた方はいらっしゃいますか?

 

ステータスというのは、

 

地位とか尊重されたい

 

というものになっています。

 

自分の階級があがると、

 

ものすごくステータスがあがります。

 

例えば、

 

平社員が課長になったり

部長、社長になると、

 

『自分はステータスがあがったな!』

 

ということで、

認められるような感覚になります。

 

他には、

 

子供たちが、

数学で90点をとってきたとしましょう。

 

それに対して

 

親『90点すごいね!尊敬するよ!』

 

というふうに、

 

子供たちが、

 

『尊重されているんだな』

 

と感じるような言葉がけをすることによって、

 

子供たちのステータスがあがります!

 

ついついできないところに焦点があたっていませんか?

 

『何でこの問題できなかったの???』

『何でその点数しかとれなかったの???』

『あれだけやれって言ったのにやらなかったでしょ!!!』

 

というふうに、

できなかったところに焦点が当たってしまうと、

 

『自分は尊重されてないんだな』

 

と上下関係のような感じになり

関係性が低く保たれるような

感覚になっていきます。

 

そうすると、

 

ステータスは逆に下がっていって、

承認がなくなっていきます。

 

『自分って認められてないんだな…』

『自分って受け入れられてないんだな…』

 

というような感覚に、

子供たちはなっていきます。

 

その状態で、

本当に子供たちは、力を発揮できますか?

 

本当の能力は出せるでしょうか?

 

そうではないと私は感じます!

 

なので、

子供たちのステータスをあげて、

子供たちが何か自発的に思わず動いてしまう!

 

そんな状態を創るサポートをするために

ぜひステータスを上げてあげるような

 

『尊重されているな!』

『自分の地位が上がっているな!』

 

と子供たちが感じていくような

言葉がけを是非チャレンジしてみて下さい。

 

以上

 

【子どもたちが自然とやる気になるためには〇〇〇〇〇をあげろ!】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima