前回の動画で配信した

なぜあの子は急激に成績があがったのか?

 

について

見られた方はいらっしゃいますか?

 

もしくは見られていない方。

 

なぜ急激に成績があがるのか?

 

について

考えたことはありますか?

 

私が前回お伝えしたのは、

ビリギャルの例をとりだしていきました。

 

ビリギャルは、

目標を下げなかった

ということを行っていました。

 

もとはただのギャルだったのです!

 

ギャルの中でもバカな方だったのです。

 

ただ、

 

『慶応大学に行くぞ!!!』

 

という目標を1年と半年ぶらさずに

勉強をし続けたわけです。

 

そして叶っていったんです。

 

なぜ、

目標を下げずにモチベーションを保つことができたのか?

 

ということなんです。

 

この中の一つの要素をお伝えしていきます。

 

何か目標を達成していくときに、

あなたはどのようなことをしますか?

 

目標を達成した時のことをイメージする。

すごく嬉しいなという状態になってやる気をだす。

 

これも一つの方法ですよね?

 

あとはよく親がお子さんにやるのが、

 

『この順位を達成したらスマートフォンを買ってあげる!』

『〇〇に連れて行ってあげる!』

 

というふうに、

ご褒美を用意してあげる!

 

というようなことが、

一番効果的であり、

 

よくやられているようなイメージを

持たれているんじゃないかなと思います。

 

ただ、いい気持ちになっても

なかなか長続きがしなかった。

 

そんな経験がある方はいませんか?

 

それ欲しいと思いながらも

 

『今のめんどくささ考えたらいいやぁ~』

 

と言って投げ出した経験はありませんか?

 

自分にとって嬉しいことだったり、

快な状態をイメージしてその状態になっていくよりも

 

効果的なことがあります。

 

それが何かと言うと…

 

痛み!!!

 

です!

 

目標を達成するためには痛みを感じることが

効果的になっています。

 

この目標を達成できなかったら、

私から何かが奪われる形です。

 

勉強とは話が変わりますが、

ダイエットを例にとってみましょう。

 

3か月後までに30㎏痩せなかったら

私は水着姿で写真を撮ってフェイスブックに投稿する。

 

このような感じです。

 

『やだなーーー!!!』

 

と太ってる方からは、

するんじゃないですかね。

 

というふうに、

 

『嫌だな!!!

それになるくらいだったら

30㎏痩せるくらい頑張ろう!!!』

 

と思うわけなんです。

 

勉強だったらどうでしょうか?

 

『〇〇位をとらなかったら1ヶ月間ゲーム禁止!』

 

というような感じです。

 

ただ子供たちの同意が得られなかったらダメです。

 

同意が得られるくらい

その子が得たい目標があるのなら

 

この痛みを与えてあげるのが大切になってきます。

 

この痛みを用意することによって、

 

手に入れられる可能性がアップするかもしれません。

 

そして子供たちが自分の行きたい人生をやるための努力。

 

めんどくさいですよね。

身近なテレビやゲームにいってしまう気持もわかります。

 

ただこれをサポートしてあげられるのが、

 

お母さんお父さんであったり、

先生たちかもしれません。

 

そのために痛みを与えることが、

 

時には必要かもしれません。

 

以上で、

 

【目標を下げず達成するためには〇〇が、必須!!!】

 

についてお伝えしました。

 

ありがとうございました。

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima