10年後、

今の仕事の何%がなくなるか

というと、

 

50%の仕事がなくなると

言われています。

 

これがなぜなくなるかというと、

 

AIの出現や

外国人労働者が増える

ことによってなくなる

と言われています。

 

そしてこの時に、

人だからこそできる

日本人だからこそできること

がこの先の世の中で問われてきます。

 

今の子供たちが20代30代になった時に、

社会で活躍できるか

しっかりと働くことができるのか

 

というのは、

人としての能力

日本人としての能力を発揮できているか

にかかわってきます。

 

今回はその3つ目について、

伝えていきます。

 

3つ目はなにかというと、

 

情報処理能力!!!

 

です!

 

情報処理能力は、

この先の社会で必要とされてきます。

 

最新のデータを素早く入れて、

噛み砕いたうえで、

素早くアウトプットする!

 

この能力がとてつもなく

必要とされてきます。

 

例えば、

2時間かかる文章を

30分で読めたらどうでしょうか?

 

2時間かかるような作業を

10分で終わらすことができたらどうでしょうか?

 

2時間かかる人と10分かかる人。

 

同じ質の仕事をしているとしたら、

どちらの人を社会は選びますか?

 

もちろん10分の人を選ぶんじゃないかなと

思います。

 

そしてさらにすごいなと思うのは、

10分の人のほうが質の高い仕事を

していたらどうでしょうか?

 

人の能力的には、

速い速度でやればやるほど、能力はあがっていく!

と言われています。

 

左脳か右脳か。

意識か潜在意識か。

 

何を使っているかが

ポイントになってきます。

 

なので、

素早くインプットして、

素早くアウトプットでき、

素早くアイデアをだせる!

 

という人は、

とてつもなく頭のいい人です。

 

ここでポイントになってくるのは、

どうしたら素早い情報処理能力を得る

ことができるのか?

 

ここでお子さんプラス大人の方たち

皆さんにやっていただきたいのが、

 

スピードに慣れる!!!

 

です!

 

速いスピードに慣れて下さい。

 

私が冒頭で行ったことは何かというと、

 

ただただ早いスピードに慣れるということを

行っていました。

(動画をご覧ください)

 

その他には例えば、

音楽を聴くときには2倍速、3倍速で聴く。

 

速聴の速い音声を聴いたり、

速い速度で本をめくるなど

 

とにかく速いスピードに慣れて下さい。

 

もしくは、

勉強や仕事をするときに、

この時間に終わるのかギリギリの時間を設定して、

始めて見て下さい。

 

意識的に速くやる!

 

ということを心掛けて下さい。

 

そうすることによって、

脳はものすごく優秀なので、

速いスピードに勝手に慣れていきます。

 

そうすることによって、

あなたの情報処理能力は、

勝手にあがっていきます。

 

自然にあがっていって、

素早くインプットして、

素早くアプトプットして、

 

社会から必要とされる人間になったら、

嬉しいですよね?

 

ぜひ、実践してみて下さい。

 

以上で、

 

【今後、子供たちが大人になった時に問われる

〇〇処理能力とは? パート1】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima