10年後今の仕事の何%がなくなるか

ご存知ですか?

 

50%なくなると言われています。

 

AIが出てきて、

 

さらに、

外国人労働者がどんどん増えていくので、

 

工場のライン作業者

トラックの運転手

 

などの

誰にでもできる仕事は、

 

AIや外国人がとっていきます。

 

では、

今後人に求められる能力は何なのか?

 

2つ目はリーダーシップでした。

 

このリーダーシップが、

 

この先大切になってくる

 

と言われています。

 

リーダーシップは、

 

こうしたらあがる!

 

と学校では教わらないんじゃないかなと思います。

 

そして、

リーダーシップを育てるために大切な要素が、

 

チャレンジする!!!

 

です!

 

子供たちは、

 

『あれがしたい!!!これがしたい!!!』

 

とチャレンジ精神を持って挑もうとします。

 

ただ、

 

『これは危ないな~』

『これは心配だな~』

 

ということで大人が止めてしまうことがあります。

 

例えば、

 

『〇〇にはまだ早いからそんな勉強しなくていいから』

 

ということがあります。

 

私の好きな町工場でロケットを打ち上げた

植松さんという方がいます。

 

植松さんのおじいちゃんが、

 

『好きなように勉強しろ何でもいいぞ~』

 

ということで、

 

植松さんが小さい頃から

 

大学生レベルのロケットの研究をはじめたりと、

 

勉強するのを止めずに、

 

やりたいことをずっと優先させてきた!

 

というストーリーがあります。

 

そして、

 

将来大人になった時にロケットを打ち上げる!

 

という夢を実現しました。

 

これは何が起こっていたかというと、

 

チャレンジすること!

表現していくこと!

 

に躊躇がないです。

 

なので植松さんは、

 

『ロケットを打ち上げるんだ!』

『私はやるんだ!』

 

ということで、

かなり多くの人を巻き込んでいきました。

 

そして、夢を実現していきました。

 

自分のやりたいことはこれだ!

 

と表現する力がついていたんです。

 

これは子供のうちからやっていたことです。

 

子供が、

 

『あれしたい!これしたい!やってみたい!』

 

ということの

 

モラル的、道徳的にそれはありえないことは

止めてあげて下さい。

 

ただ、

 

『これは私の心配じゃないか・・・』

『わたしのエゴなんじゃないか・・・』

 

ということで止めたくなることは

止めないでください。

 

子供たちが、

さらに可能性を大きくしたり、

成長していく糧になります。

 

そしてそのチャレンジを

何回も何回も何回もすることによって、

 

子供たちがリーダーシップを発揮して、

将来周りから社会から必要とされる人間

になっていきます。

 

なので、

 

チャレンジをする!

 

ということを止めず、勧めてあげて下さい。

 

以上、

 

【今後、人が求められる能力リーダーシップを育てる方法 パート3】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima