10年間でどれだけの仕事が無くなっていくか

聞いたことがありますか?

 

50%の仕事が無くなっていくと、

言われています。

 

これはAIがどんどん普及していく

ことによって起こる現象です。

 

AIにとって変わっていく中で、

人間しか発揮できない能力

が問われていきます。

 

その能力がある人が、

いろいろな場所いろいろな企業で、

必要とされる社会になっていきます。

 

今後の社会で、

どんな能力を磨いていく

ことが大切なのか?

 

どんな能力をもっている人が、

必要とされるのか?

 

みなさん知っていますか?

 

1つが、

 

創造性!!!

 

でした!

 

今回はその2つ目をやります。

 

少し考えてみて下さい。

 

どんな能力が必要だと思いますか?

 

私がオススメするのは、

 

リーダーシップ!!!

 

です!

 

AIが、

 

『これは違うからあっちだ!!!』

『あっちに進もう!!!』

 

このように

率先してなにかに導いていく!

という力は、

 

AIにはないです。

 

これは人間特有の仕事です。

 

『今、このような社会に追われている』

『だから私たちはここの部門で、

活躍していく必要がある!』

 

『だからみんなでこれをやっていこう!』

 

というふうに、

 

みんなをまとめる力!

率先していく力!

 

が今後の社会で問われていきます。

 

では、ここで質問です。

 

みなさんのお子さんは、

このリーダーシップを持っていますか?

 

そして、

日本人のリーダーシップはどうでしょうか?

 

『ほんとはこう思ってるんだけど・・・』

『誰かに批判されたら嫌だなぁ・・・』

『A君、B君、C君もいいって言ってるから・・・』

 

これでは、

 

ノー

 

です。

 

自分の意見をしっかりと伝えて、

これが正しいと伝えることが

ものすごく大切になってきます。

 

それが、

 

合っている

間違っている

 

ではなく、

 

まず、感じていることを伝える!

 

主張する力

がものすごく大切になってきます。

 

それが、

新しいものを生み出したり、

事業をやっていく際に

必ず必要とされる能力だからです。

 

では、このリーダーシップを

どのように育てていくかが、

ポイントです。

 

一番いいと思うのは、

部活動やグループを作った時に、

 

リーダーをやる!

サブリーダーをやる!

 

このリーダーシップを取らなければいけない

ポジションをやる

 

この経験がとてもいいんじゃないかなと

思います。

 

家ではどのようなことをやったらいいかというと、

 

家族会議を月に1回やる!

 

家族の話を聞きました。

 

その時に

お父さんお母さんが

議題を決めるではなく、

 

リーダーは、

子供がやったりと

いろいろとリーダーが変わっていき

 

家族の中でも、

 

リーダーシップを発揮していく環境を作っていく!

 

ことがものすごく大切なんじゃないかなと思います。

 

らく塾のミーティングでも、

 

社員にファシリテーションをしてもらい、

 

『〇〇さん意見はどうですか?』

 

というふうに

ミーティングをまわす

ということをやってもらっています。

 

なので、

家の中でも会議などをして、

リーダーシップをとる体験をしてもらう環境を作る

 

ということはどこでもできます。

 

環境を作ること

がものすごく大切になってきます。

 

リーダシップを育てるために、

 

家族でなにができるか?

環境をどのように作るといいか?

 

この2つの問いで、

子供たちのリーダーシップを育てる。

 

ぜひやってみて下さい。

 

以上、

 

【今後、子供たちが大人になった時に問われる能力とは? パート4】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima