大人にとっては理解しがたい行動を

 

子供たちってたくさんします。

 

『うちの子あの時なんであんなことするのか謎なんです』

 

『テストの前日なのになぜあんなに寝ていられるのか…』

 

子供たちがなぜそのような行動をとっているのか

 

どんな悩みや不安があるのか気になりますよね?

 

なので、

子供だった時の悩みや不安を聞きましたパート4

 

についてお伝えしていきます。

 

パート4はなにかというと…、

 

やたらと質問してくる!

 

です!

 

『大人の人たちって、

 

夢あるの?〇〇なの??〇〇なの???

 

とやたらと質問をしてきてウザいんだよね~』

 

というような子供たちがたくさんいます。

 

今の大人の人たちも子供の時に、

 

質問攻めにあい、

頭がパンパンになって、

 

『うわぁ~やだ~~~』

 

というようなことになったことがある方が

 

けっこういるなと聞いててわかりました。

 

私自身も子供たちに対してよく質問をします。

 

質問をして

 

よく返ってくる!

 

ときもあれば、

 

すごく不機嫌そうな顔をしてるな…

 

というような2パターンがある

 

ということに気づきました!

 

不機嫌そうなときに、

 

学校で何かあったり、

 

そこを突いてくるのか

と痛いところを突かれて

 

嫌な顔になっている場合もありますが、

 

それはいったん置いておいて、

 

質問をしてよく返ってくる時と返ってこない時。

 

その差が何で起こっているかというと、

 

大人の焦点!

 

によって変わっています!

 

なにか質問をするときに、

 

子供に対して本当に興味があって、

いろいろと聞いている時って、

 

子供たちってほんとうによく返してくれます!!!

 

すごく楽しそうに話しかけてくれるんです!

 

しかし、

 

大人がコントロール気味に、

 

『こういうふうにして欲しい!』

『あなたはこれに気づきなさい!』

 

というような

 

誘導気味な質問を投げかけていく

 

とどうなるか

 

子供たちは感性が高いので、

 

『こういうふうがいいってとこに誘導してきてる…』

 

プンプン!

みたいな状態になってきます。

 

『それはだってやるべきことでしょ!』

 

と大人としてはすごく思います。

 

ただ子供としては、

 

それが大切なことだと思っていない

にもかかわらず、

 

コントロールされると

 

子供は、

 

『自分で選択をしたい!!!』

 

という気持ちがすごく強い!

 

特に中学生は強い時期なので、

 

それをやられると

 

『めちゃくちゃウザイ!!!』

 

というふうになってしまうので、

 

質問攻めにあうと

 

『もうやだーーー!!!』

 

というふうになってしまう傾向があります。

 

なので、

本当に質問したいなって時は、

 

子供たちに対して興味を持って

 

焦点は必ず相手です!

 

相手に焦点を当てて、

 

『今、どんなことを考えているのかな?』

『どういうことに興味があるのかな?』

『どういうような気持ちを感じていて今の行動にでているのかな?』

 

というふうに質問をしてあげてください。

 

コントロールしようという

自分に焦点を当てるのか

 

興味を持っている

相手に焦点を当てるのか

 

によって、

 

返答の仕方、返ってくる言葉

 

が変わってきます!

 

なので、

 

焦点を変える!

 

ぜひやってみてください!

 

以上で、

 

【子供だった時の悩み不安を聞きました パート4】

 

についてお伝えしました!

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima