前回、中学生がもっとも抱えている悩みってなにか?

 

ここについてみなさんに考えてもらいました。

 

第1位は…

 

勉強についていけない!

 

ではなく、

 

いじめにあう。

 

第2位は…

 

部活動での人間関係がうまくいかない。

 

このように中学生は勉強どうこうの前に

コミュニケーション能力に関しての問題が出てきています。

 

ただ、学校でコミュニケーションの授業ってありますか?

 

コミュニケーションを教えてもらう機会ってありますか?

 

なので、子供たちというのは、

ものすごくどうしようもない状態になっています。

 

『人間関係の悩み…誰に聞いたらいいかわからない…』

 

『聞いたところで…それって本当に有効なの?』

 

というふうに悩みを抱えている部分があります。

 

なので、

勉強に向けて成績をあげていく!

部活動でいい成果をあげる!

 

という前に

心の悩みを解決していく!

ことがポイントになります。

 

なので、

今回もコミュニケーションが良くなる方法について

お伝えしていきます。

 

コミュニケーション能力をあげるために、

やっていただきたいことは何かというと…

 

言いたいことを伝える!

 

です!

 

『いやいやっ!言いたいことを伝えたら反感くらうじゃん!』

『いやいやっ!怒られるじゃん!』

 

というふうに思われる方が結構多いです。

 

なのでこのような価値観から

 

『嫌われるんじゃないか…』

 

と子供たちも我慢が発生しています。

 

この我慢が発生することによって

よりストレスフルな状態になっています。

 

『いや~嫌われるんじゃないかな…』

『いや~これを言ったらまずいでしょ…』

 

というふうに、

 

ものすごく言いたいことに蓋をしている!

 

ということが多い状態になっています。

 

なので、

 

学校で友達に伝えたい!

母親、父親に伝えたい!

 

という時に、その蓋が働いていて

どんどんストレスが溜まっていって、

 

言いたいことを言えなくなる…

 

ということが続いていきます。

 

子供のうちにこの状態になっていくと、

大人になってもこの状態が続いていきます。

 

ただ言いたいこという時に、

もちろん優しさ愛を持って伝えること

が大切になってきます。

 

なにか言いたいことを言えってことで、

 

攻撃しちゃえ!!!

 

というわけではないです。

 

相手に思いやりを持ったうえで伝える。

ということを日々トレーニングしていくことによって、

人間関係の問題というのが改善されていきます。

 

これを子供たちにぜひ伝えてあげて下さい。

 

ただそれをいきなりやれって言っても、

なかなか言わないと思うので、

 

なにかしら言いたいことを言える環境作り

 

を、まず家庭から用意してあげて下さい。

 

言いたいことを言えたなと思ったら、

大人側は受け入れてあげる

 

ということをしてあげて下さい。

 

その言葉使いはどうかということに関しては、

しっかりと注意をしてあげて下さい。

 

あくまでも愛を持って、優しを持って伝える。

 

このトレーニングをしていくことによって、

人間関係の問題が改善されていきます。

 

以上で、

 

【小中学生でも使えるコミュニケーション術 パート2】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima