【なぜ、あの人は頭がいいのか?パート3】

についてお伝えしていきます。

ここでは脳にとって効率のいい勉強法
についてお伝えしていきます。

よく見る現象が、

子供『わかんな~い。できな~い。もうムリ~』

親『それはねこうでこうでこうやってやるんだよ~わかった?』

子供『わかった~』

これなんです。

子供たちはこの状態で本当に理解出来ていると思いますか?

それとも理解していないと思いますか?

答えは、理解していないです。

うちの塾の生徒でも、

『わかったふり』
『理解したふり』

をするということがよくあります。

男の子だとプライドを保ちたい!
というのがあるかもしれません。

ここで私たちが行うのは、

質問をする!

です!

私の行っているらく塾では、

自立型学習

というのを謳っています。

なので、子供たちが自立をして

自分で考えて理解でき、

できたー!!!

と達成感を味わってもらう

というシステムを行っています。

その時にもっとも大切になるのが
サポートする側からの質問なのです。

できている問題であっても

『なんかちょっとあやしいな~』

と思う時があるのです。

なので、

『何でそれがそうなったか説明して』

というように質問したりします。

その時に必ず大人側から質問するというのを
心掛けています。

そのように質問することによって、

脳を考えざるおえない状態になります。

脳というのは3層の構造に分かれていて、
伝わる順番というのが決まっているんです!

その1番はじめに伝わっていく場所に
質問でなげかけると届くんです。

いきなり知識を

『こうやってやるんだよ』

と理論的なことを話したとしても

その順番通りに伝わっていかないので、
どうしても聞いている側は
チンプンカンプンになりやすいんです。

なので、最初に質問することによって、
脳の1番反応しやすい部分が反応します。

そして、子供たちが自分で考える
ということを行っていくのです。

なので、その問題に対して
次はやれる状態になっていやすいのです。

どうしても人から教えられたというものは、
忘れやすくなります。

質問だったり
少しずつヒントを与えたりしながら
勉強のサポートをしてあげてください。

そうすることによって自分で考えていくようになります。


そのように自分自身で考えることによって、

ただ勉強ができるだけではなく、

スポーツや日常生活で
自分自身で考えて

『こういうふうにしていったら
いいんじゃないの?』

『こういうふうにやっていこうよ!』

というリーダーシップをとれたり

想像力を働かせて素晴らしい提案ができたり

様々なとこに応用することができます!

なのでまず質問をして考えさせてあげる
ということを行ってあげて下さい。

そうすることによって
ただただお子さんの成績があがるだけではなく

自分の考えをもってリーダーシップを発揮し
新しいことに突き進んでいく!
そんな力を身に着けることができるかもしれません。

以上で、

【なぜ、あの人は頭がいいのか?パート3】

についてお伝えしました!

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima