【なぜ、あの人は頭がいいのか?パート2】

 

についてお伝えしていきます!

 

脳に対して効率のいい勉強方法を

お伝えしていきます。

 

そして、今回の勉強方法は何かというと、、、

 

『間違えた後はすぐに直す!』

 

です!

 

こんなことってありませんか?

 

間違えた後に、

 

『はぁ~いや~間違えた~最低だ…』

『…よしっ!遊びに行こうっと!』

 

というようなことって、

あなたのお子さんで

見たことありませんか?

 

もしくは、

 

『はぁ間違えたな~。。。

よし!解説みよう!』

 

『んっ!おっけい!そんな感じね!』

 

これで終わり…。

こんな状態見たことありませんか?

 

このようなパターンではまずいです。

 

何がまずいかというと、

 

『理解した気になっている』

『落ち込んだ状態になっている』

 

この2つのパターンで終わってしまうのが、

勉強で一番まずいパターンです。

 

では、どのようにしていくのがいいのか?

 

それは、問題を解いて間違えたら、

すぐに間違えた問題を直してください!

 

よくこの時に言われるのが、

 

『そんなの別にすぐだから

答えられて当たり前じゃん!』

 

『だって覚えているもん!』

 

というふうによく言われますが、

案外お子さんたちは覚えていない

ことが多いです。

 

なぜかというと、

 

わかった気になっている!!!

 

からです。

 

なので、

間違えた後に問題の解説をみて、

理解したなと思ったらすぐに

もう一度答えなおす。

 

ということをやってみてください。

 

そうすることによって、

『解説を見たことがちゃんと

理解できているか?』

 

もしくは、

『暗記できているか?』

 

というのをチェックすることができます。

 

私は以前、学校の先生をやっていた時に、

 

生徒『先生、これ教えて~』

私 『うんわかった!こうでこうだよ!わかった?』

 

生徒『うん!わかった~ありがとう!』

私 『じゃあ解いてみて!』

 

生徒『…できない。。。』

私 『じゃあそれわかってないでしょー!』

 

ということなのです。

 

ここで、自分で解くことができて、

 

『理解ができた!!!』

 

というところに落とし込めている状態です。

 

なので、

 

『間違えた問題をすぐに直して理解出来ているか?』

 

ということを確かめてください!

 

そしてこれをやることによっての

メリットとしては、

 

『最終的にその問題はできた!!!』

『自分は成功で終わった!!!』

 

というようなことで終われるというのが、

すごく脳に対しての影響が大きいです。

 

間違えたままで終わってしまうと、

 

『私はこれできなかったんだ…』

 

とその問題その教科に対しての

苦手意識というのができあがっていきます。

 

もしくは、

 

『自信がなくなる…』

 

ということにつながっていきます。

 

ただすぐにやり直して、

最終的には成功で終わる!

 

『できた~~~!!!』

 

で終わることによって、

 

『自分はできるやつだ!!!』

『自分は成功している!!!』

 

というような勝ちパターンで終わる。

というのを脳に印象付けさせることによって、

 

『自分はできる人だ!!!』

 

というセルフイメージを作ることができます!

 

なので、みなさんお伝えしたいのは、

 

間違えた問題はすぐに直す!

 

そうすることによって、

理解が出来ているかをチェックでき、

自分のセルフイメージがあがる

ことにつながるので、

ぜひ、試してみてください。

 

以上で、

 

【なぜ、あの人は頭がいいのか?パート2】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima