【なぜ、親の意見が子供に通らないのか?パート1】

 

なぜ、親の意見が子供に通らないのか?

パート1についてお伝えします。

 

私はこの子に対して良かれと思って

言っているのに、

 

『なんで受け入れてくれないの!!!』

 

『なんでこうしたらうまくいくと

私はわかっているのに!!!』

 

『なんでこの子はやらないの!!!』

 

こんな状況に陥ったことありませんか?

 

私も思ったことある!

と、思われた方いませんか?

 

なぜ、かみ合わないかというと、

子供たちの行きたい方向

とお母さんたちの行きたい方向

が違うということがあります!

 

どういうこと?

 

と思われた方がいらっしゃる

かもしれません。

 

どういうことかというと、

 

例えば…

 

お母さんたちにとっては、

 

『学年の平均とるのは当たり前!』

『宿題をこれくらいするのは当たり前!』

『提出するのは当たり前!』

 

という、これをやっているのは当たり前でしょ!というスタンダード。

 

子供たちが決めているスタンダード。

 

ここにギャップがあります!

 

お母さんは、

 

この点数を取って当たり前!

平均点は取って当たり前!

 

と思っているかもしれませんが

 

子供にとっては、

 

まず50点取ってみればいい!

 

というように思っているかもしれません。

 

なので、

この目標目的行き先をそろえるというのが

最も大切になってきています。

 

なので

今回の解決方法パート1で

お伝えするのが

 

行き先をそろえる!

 

です!

 

こちらの方から

 

『絶対こうした方がいいじゃん!』

 

と親から意見を通したいことが

あるかもしれません。

 

ただ、それは親の方からのエゴ

になっている可能性があります。

 

『私としてはこうしてほしい』

『じゃないと私のメンツが保たれない』

『おじいちゃんおばあちゃんから言われる』

 

そういういろいろなことが

あるかもしれません。

 

なので、ここでまず何をするかというと…

 

子供たちに聞きましょう!

 

お母さんお父さんたちがこういうように

こうしたいと子供を愛しているからこそ

思う気持ちは私自信ものすごくわかります。

 

ただ、そこはちょっと置いておいて

子供たちに聞きましょう。

 

『今、あなたはどんな点数が取りたいの?』

『どんな方向に向かっていきたいの?』

 

もしかしたらもう全然学校に

興味がないかもしれません。

 

だったらそれに興味が沸くように、

点数をとれるように、

まず関わり合いをすることが

ポイントになってくるかもしれません。

 

なのでまず、子供たちが何に

向き合っていきたいか!

というのを聞いてあげましょう。

 

そしてそれに対して

どうするかを足並みをそろえていく!

ということが必要になっていきます。

 

なので、まず行き先をそろえる!

話を聞いて一緒にステップを踏んでいく!

 

ということをやってみてください。

 

以上で、

 

【なぜ、親の意見が子供に通らないのか?パート1】

 

についてお伝えしました!

 

ありがとうございました!

 

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

 

↓↓↓

 

【らく塾channel動画】

 

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】

http://rakujuku.jp/

 

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@

https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j

楽読HP

https://rth.co.jp/access/tsushima