【目標達成のために大切な〇〇〇 パート3】

お子さんが何か目標を達成していきたい!!!

『でも~~~…』

というふうに悩んでいる姿をみたことある方はいますか?

このような時になにかお父さんお母さんだったりが
関わり合いをすることによって

『よし!やるぞ!』

と、もう一回勇気を振り絞ることができたとしたら
嬉しいですよね?

そのポイントについてお伝えしていきます。

そして今回でラストのパート3としてお伝えするのは、
仲間の力を借りるです!
周りの環境での言葉、頑張っている姿というのが、
その人にとって大きな影響を与えています。

例えば、

『何かをやりたい!これを達成するんだ!!!』

と燃えている人の周りで

『いや~そんなの無理じゃね~頑張るのってダサくね~』

と、このような言葉を受けているだけで

人というのは

『やっぱり無理なのかな…』
『やっぱりオレ頑張ってるのだせぇとか思われるのが嫌だな…』

というふうにどんどん弱気になっていくことがあります。

なので周りの友達関係や置かれている環境で、
どのような言葉やどのような会話をされているのかを
把握しておくところがものすごくポイントになっていきます。

『いやでも子供の友達を無理やり変えるだとか
学校全体そういうような言葉が使われているとしたら
それを変えるってちょっと無理じゃないですか?』

というような悩みもあるんじゃないかなと思います。

その場合には、
意識の高いとかいい言葉が使われている環境に
お子さんを連れて行ってあげましょう。

北海道でロケットを打ち上げた植松さんという方がいます。

この方は小さい頃から

『ロケットを打ち上げる!僕はそれをやるんです!!!』

というふうに言っていて
学校の先生とかからも

『おまえみたいなバカなやつは無理だ!
そういうのは東大行く人みたいな人しかできないんだ!』

というふうに言われていたみたいです。
まわりの友達からもすごく言われていたみたいです。

ただ唯一助けてくれたのはおじいちゃんだったみたいです。

おじいちゃんは、

『それができる!!!』

といっていろんな本をくれたりとか
そういうような情報を得られる場所に
連れて行ってくれるということをしてくれたみたいです。

なので植松さんは
『まじかーーー先生がそういうなら…』

と思った時もあったみたいですが

そういうような情報を取り入れたり、
そういう人をみたりとかして

『自分もできるんだ!!!』

と奮起して実際に小さい自分の町工場でありながらも
ロケットを打ち上げるようなことを実際にした人です。

なのでここから何がわかるかというと

周りの言葉には、たしかに悪い言葉があります。

ただここから抜け出して
いい情報が得られる場所であったり、
環境を大人たちが作ってあげるということが可能なのです。

なので子供たちが

『こういうことをしたいな!ああいうことをしたいな!』

という際にそれに触れられる場所であったり、
頑張れる環境をセッティングしてあげることが
大人には出来ることなんじゃないでしょうか?

子供たちががよりよくその目標を達成していくために
最高の環境を作ってみて下さい。

そして、なによりお母さんお父さんの言葉が
お子さんに大きく影響するかもしれません。

以上で【目標達成のために大切な〇〇〇パート3】に
お伝えしました!

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40qvp6837j
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima