【目標達成のために大切な〇〇〇 パート2】

前回は目標を達成している状態になりきる、
断定するということが大切。
ということをお伝えしてきました。

今回は目標を達成していくための
パート2ということで、
みなさんにお伝えしていきます。

今、動画をご覧になっているお母さんお父さんの方で、
こんな経験ってありませんか?

自分の子供はこんな才能があるから
この分野でチャレンジさせよう!

順位的にはやっぱり10位ぐらいはとらないと
将来うまくやっていけないから
あなたは今回10位をとろう!

というふうに、目標を親の方から決めている
そんな経験がある方いませんか?

むしろいつもそうだよという方いませんか?

その前に、本当に子供がやりたいか
というところがポイントです!

なので目標をまず決めていくときに
大切なことは…

子供に責任を持たせる!

ということです。

子供たちは、

『お母さんがそういうならそうする』

『まぁ、お父さんがそういうならそうします』

というふうに決めているフリをしていることが、
けっこう多いです。

『やります!』と言ってはいるものの

心の奥底では…

『いやっ別にやりたくないし嫌だぁぁぁ!!!』

というふうに思っていることがものすごく多いです。

なので、子供たちに目標設定を決めさせてあげることが大切です。

よくこれを聞くとお母さんお父さんからよく言われます。

『いや~子供たちになんか決めさせたら、
今の順位の1個上だけの目標設定にしたりとか
本当に甘いことをいうんですよ~』

ということをよく言われます。

その勉強に何のメリットがあるか子供たちは分かってないのです。
未来を想像できてないのです。

例えば、10年後50%の仕事がなくなっていく。

なので、

『今ここで勉強を頑張っておかないとあなた仕事がないよ』

という言葉が響く子供もいるかもしれないです。

『あっ!やべぇ!じゃあ今勉強ってやらなくちゃいけないんだ
じゃあなにやろうかな!』

というふうにやる気が出る子もいたりします。

例えば、目標を設定していく際に、
先のイメージができているということをすると、
なにかもっと素晴らし目標を自分から立てることだったりがあります。

なので、目標を決めていく時に子供たちがなかなか決められない
という場合があったら

大人のほうから何か先のことを教えてあげて下さい。
勉強に何かメリットがあるのかということを
お伝えしてあげてください。

そして、1番大切なのは子供に考えさせて
あげてください!
あくまで最後に決めるのは子どもです!

さらにプラスして子供が可能性を限定している可能性があります。

なのでお父さんお母さんから心を込めて
言葉をプレゼントしてあげてください。

『○○だったら必ずできるってお母さんは思うよ』
『○○だったらもっと可能性があるから信じているよ』

なにかしら言葉、何でもオッケーです!

お母さんお父さんたちがその子を認めてあげるような
言葉を伝えてあげてください。

そうすることによって、
子供たちは大人が考えているよりもちゃんと決めます。

なので、そういった情報を与えてあげて
子供たちに責任をとらせてあげる
ということを行って下さい。

以上で【目標達成のために大切な〇〇〇パート2】に
お伝えしました!

ありがとうございました!

詳しくは下記の動画・HPからもどうぞ!!

↓↓↓

【らく塾channel動画】

【津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾HP】
http://rakujuku.jp/

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40idn0667i
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima