やる気アップ法を実践しても 結果が出ない場合、どうしたらいいのしょうか?

それはあなたに〇〇〇まるが働いているからかもしれません。

それは、、、

『ジャッジ』

です!!

例えば あなたがお子さんに何か提案したとき

「それはいやだ」

「いま疲れてるから」

という返事が返ってくることあると思います。

このような返事を聞いて 「何でやらないの!」と思ったり返答をしていませんか?

このような場合あなたに 『ジャッジ』が働いています。

人間は目標や本当にやりたい事があったとしても

「〇〇しなさい!」

など他人のジャッジが働いているとやる気を失い、反発がうまれる可能性があります。

ではどうしたらいいのでしょう?

それは、

「ノージャッジ」

です!!!

例えばお子さんがある高校に行きたいという目標があるとします。

あなたは、

「最近さぼり気味だ」などと感じ 「宿題しないの?」

と提案したときお子さんの返答をジャッジしてはいませんか?

「ちゃんとやりなさい!!」

とジャッジをすると子どもは自主性を失いやる気が落ちます。

目標に対する行動を決める事を子どもがやる事により自立性が生まれます!

そしてそれがやるきへつながります!

さらに周りの大人がノージャッジでいることで子どもには責任感がうまれ、

選択しているのは自分だとお子さんは必ず気づきます。

なので、子どもに選択をさせてあげてください。

あなたがノージャッジでいることで お子さんは自分で行動を選択できる

自立した人間になれるかもしれません!

動画からもどうぞ(^^)/

↓↓↓

【らく塾channel動画】 


[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40idn0667i
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima