「できないー」

「だめだー」

「そんなん無理だよ~」

と言っている子供が
やる気アップするために大切なもの
それは○○です!

前回の動画で
やる気アップのために「フォーカス」
が重要だとお伝えいたしました。

それでは、具体的に子どもたちが良い

フォーカスをするためにはどうしたらいいのか?

例えば、あなたのお子さんは
テストで50点をとった時に
どのような感情を持つでしょうか?

「次はもっと頑張ろう!」
「何でできなかったんだろう~・・・」
「自分にはやっぱりできないんじゃないかな~・・・」

など、、
様々だと思います。

これも、フォーカスの当て方により
希望を持って次に進めるのか
落ち込むのかが決まります。

このフォーカスがあなたの〇〇で
よりよい方向に向きます。

○○は何だと思いますか?
それは、、、

 

『質問!』です。

 

「今回のテストで良かったところはどこだろう?」

「より良くなるためには何が必要だろう?」

「目標の点数を取ったときにどんないいことがある?」

などです。

あなたは、お子さんのテストの点数を見て
どのような声掛けをしているでしょうか?
過去のできなかったことにフォーカスして質問していますか?
今後の目標や希望にフォーカスしていますか?

つい、

「ああやったら絶対もっと点数とれたでしょ?」

などと言ってしまっ田ことはありませんか?

このような言葉がけをすると
脳が周りからの言葉をシャットダウンしてしまうんです。
出来ているところや希望にフォーカスをあて質問をすると
脳は自然に目標達成に向け働きだします。

あなたのお子さんが
希望をもって勉強に向かえるようになったら
嬉しいと思いませんか?

それはあなたの質問次第かもしれません。

以上で、
「できない」「だめだー」
と言っている子供が
やる気アップするために大切なもの
それは○○です!

についてお伝え致しました。
ありがとうございました。

動画でも見ることができるのでごらんください。
↓↓↓

【らく塾channel動画】 津島市中学生向けやる気・成績アップ学習塾
https://youtu.be/TFlZ6pasPoo

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]

LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40idn0667i
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima