あなたのお子さんは、

才能もとくにないしなー。」
「俺にできることって、、、ないよなー。」
「なんもできないし、とりあえずゲームするかー、、、」

といった言葉を使っていませんか?

もし、このような無気力感に
あなたの子どもがおちいっているとすると
あなたの普段の接し方をみつめなおす必要があるかもしれません。

前回までの動画で、
ポジティブな声かけをするための
「4つの承認」の3つをお伝えいたしました

そして、「4つの承認」の最後の一つは!!!

、、、

そう、「役割」です!

 

あなたはお子さんに
何か役割を持たせていますか?

何かしらやっていることの役割を
認めてあげていますか?

子ども達は、
自分の役割を持ちたい!
そこで活躍している!
と感じたときにポジティブな心
が生まれます。

あなたも「役割」を持ったとき、

人の役に立っている。
認められている。

という感覚を持ったことはありませんか?

お手伝い・勉強・スポーツ
何でも大丈夫です。

役割を与えることで
モチベーションが上がるかもしれません。

そして、今何かしていることに言葉
がけをしていますか?

あなたが思っている以上に子ども
たちはすでに多くの役割をはたして
くれているかもしれません。

以上で4つ目の承認、

「役割」

についてお伝えいたしました。

ありがとうございましたm(_ _)m

 

↓↓↓動画はこちらから↓↓↓

https://youtu.be/0QmMVeahnEc

[あなたに必要な情報が手に入る、かも?]
LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40idn0667i
楽読HP
https://rth.co.jp/access/tsushima